患者さんを感動させる技術

投稿日:

必ず患者さんに感動してもらえる技術がある。

必ず!!

技術に自信のある治療家はオーラを持っていると思う。
では、そのオーラとは何かと考えると、雰囲気とか醸し出す空気感とか、視線の強さだったり、色って言う人もいる。様々な理解があると思います。

僕はオーラとは
その人のもっている空気感とか色とか、そんなのよりも集中力ではないかと思う。
集中力は見ている人を圧倒する。
たとえその人がリラックスしている時でもそれは感じる。
人間の持つ感じるチカラのアンテナが反応するのが、その人の持っている集中力だと僕は思う。
真剣に、そして自信を持って集中する。

患者さんの身体を触る時に一番重要な能力だ。
自分のチカラを過信する事ほど滑稽な事はないのだけれど、自分のチカラに自信を持つ事は必要でありその自信があってこその自分の魅せ方とか自分を表現するというなのです。

自分をブランディングするそんな事は後付けです。
自分の個性それも他人が作る後付けのもの。

自分の個性や魅せ方を自分で決めたらダメですよ!

それは技術のない職人がする事。
だから絶対的に自信のある技術を身につけるのは治療家にとってとても必要な事だと僕は思う。
整体やカイロプラクティック、人の身体を触る仕事(技術)はその人の度量が触られた瞬間に分かるものですから、どんなに良い事言っても見抜かれます。