センスという基本

投稿日:

基本のテクニックを学ぶ。

基本のテクニックを習得する。

基本のテクニックが重要。

そんな事をたくさん言っているのですが、勘違いして欲しくない事があります。

 

治療家になるにはセンスという基本が必要だという事です。

センスというと持って生まれたものというイメージが先行します、そのイメージはその通りにあると思いますが後天的につける事のできるセンスってのもあると思います。

 

僕の言うセンスという基本は後天的に身につける事のできるセンスを言っています。

 

後天的に身につけるセンスとは何なのか?

それは

楽しむ事

面白がる事

ワクワクする事

そして継続するという事。

 

えじり一座で僕が一番伝えたい事は後天的に身につけるセンス。

楽しくダメだしします。

面白く間違いを指摘します。

ワクワクしながら継続します。

 

こうすれば必ずセンスを後天的に身につける事が出来ると僕は信じています。

 

人の身体を触るセンスのない人は治療家という職業を選ばないと思います。

ですから、治療家・セラピストを職業にしよう!

治療の技術・セラピーのテクニックに興味のある人はそれだけで先天的に人の身体を触るセンスがあると思います。

 

その先天的なセンスに後天的に身につける事のできるセンスを知ると治療やセラピーは最も白くなる、楽しくなる、そしてもっと患者さんの身体が変化すると僕は経験しました。

その経験を伝えるのが僕の使命だと思っています。

 

次回のEzyri Ichizaは2015年12月17日(木曜日)です。

新規に参加希望の方はこちらかお申し込みください。

普通のテクニックセミナーや技術講習会とはまったく違うカタチで整体技術やカイロプラクティックのテクニックを身につけてみませんか?